top of page
  • aleezahiroo

韓国風くびれヘアー!くびれ巻き!ロングからミディアムあなたはどのスタイルが好み?

2022.04.18

今年の春に是非試して欲しい艶感をまとった韓国風美人ヘアスタイル&作り方!


広尾の美容室アリーザの編集部で今回は流行りの韓国スタイルをご紹介します!

暖かい季節になって春のお花見や、お出かけする方も多いのではないでしょうか?


そんな季節にもおすすめの韓国風くびれヘアーは、トレンドに敏感なオシャレさんの間でも話題なゆるいカールや顔まわりのニュアンスが印象的です。今押さえておきたいヘアースタイルをはじめ、誰にでも取り入れやすい韓国風ヘアースタイルをまとめてご紹介します。



小顔効果のある髪型!ロングストレート、セミロングのアレンジ


大きく内巻きにくびれを作るくびれ巻きは、首元を細く見せる効果がありどんな顔のシェイプの方でも顔を小さく見せることができ、フェミニンで大人可愛いスタイルですので是非試して欲しい髪型の一つです。


韓国S字カールの作り方を覚えて顔周りの印象を新鮮に!


顔まわりを大きなカールでゆるくSの字のように仕上げることによって、韓国風のトレンドスタイルに仕上がります。



<S字カールのコテとアイロンを使った巻き方>


まず毛先全体を4 パーツぐらいで厚めに毛先を外巻きにします。


フロントラインのもみあげの上を根本だけ浮かせる様にアイロンを入れて巻きます。


フェイスラインの毛先だけリバース巻きで巻きます。


後ろの方も徐々に中間毛先とリバース巻きで巻きます。

この時毛先は外ハネに巻いているので中間のみ巻くだけでOKです。


艶やかな艶髪が大事

何と言っても艶感が命!今年の流行りに絶対に欠かすことの出来ないアイテムの一つにヘアーオイルがあげられますが、

このオイルが一番濡れた質感がでて髪の毛に上品な艶をもたらします。


毛先中心につけ中間根本付近と徐々にオイルを行き渡らせ下さい。


根本中心からいきなりつけてしまい、毛先にあまりついてない事になると、オイリーヘアーと間違えられると大変なので必ず毛先中心に着けていきます。



ヨシンモリとは?意味や巻き方などをご紹介します。前髪ありもとっても新鮮!



可愛らしさと大人っぽさを兼ね揃えているのが、ヨシンモリ。

韓国では女神ヘアーと呼ばれて大人気な巻き髪アレンジです。


トップをふんわりさせて、顔まわりにくびれを作ったスタイル。

韓国文化が流行する今、試してみたい方も多いのではないでしょうか?


カーラーとコテを使ってアレンジしていきます。




<ヨシンモリのアレンジ方法>


1、大きめのサイズ(40mm)くらいのマジックカーラーで、前向きに前髪を根元まで巻きます。

2、髪全体を太めのコテを使って(34mmくらい4パネルぐらいで毛先を外巻き巻きにして下さい。

3、顔の周りは外に流すようにコテを滑らせるよに外巻きに後ろまで巻いていきましょう。

4、分け目の一線だけ根本にアイロンを軽くあててトップのボリュームを作ります。

5、クリームタイプのアレンジ剤をパール一粒分とり髪に馴染ませます。

6、前髪のカーラーの熱が冷めたら、外してブラシで毛流れを整えて完成です。


内巻きワンカールの「Cカール」で普段使いも出来て何より簡単!

もう少し落ち着きが欲しいなと思う方は内巻きのCカールもおすすめです。〜〜〜

シンプルな内巻きのCカールは緩めに巻いて作る普段のセットにもオススメです。




<Cカールのアレンジ方法>


1、挟む部分を外に毛先を挟みます。

2、Cを描くように、ストレートヘアーアイロンを内側に入れるように巻く

3、髪全体を同じく巻いて全て負けたら完成です。


外向きCカールで髪の毛のハネだって気にならない!


外に向かってワンカールの外ハネCカールで、カジュアルなヘアースタイルに仕上がります。ヘアーセットが苦手な人にもオススメのヘアーアレンジです。


髪が肩に当たって跳ねてしまうお悩みも解消!



<外向きCカールのヘアーアレンジ方法>


1、挟む部分を内側にしてストレートヘアーアイロンを使い毛先を挟みます。

2、Cを描くように、ヘアーアイロンを内側に入れてから外側に向かって巻きます。

3、髪全体を繰り返し全て巻けたら完成です。



韓国風ヘアースタイルは、同じAsian の私達にも簡単に取り入れられる魅力的なくびれヘアーですので、コテを使ったりパーマなどで大人っぽく、トレンドのスパイスを取り入れてみて下さい。


これからのスプリングシーズンを軽やかな弾んだ気分で過ごせそうですね!


広尾の美容室アリーザ編集部からでした^_^


Stay turned!

閲覧数:257回0件のコメント

Comments


bottom of page